もうすぐ第3回予選の締め切りですYO!

本コンテストの特徴は予選が3回あって、落選しようが通過しようが次回に再度ブラッシュアップさせて応募できるというのが特徴の一つだと思います。

この方式のおかげで全3回ともご応募いただいてる作品があったり、2回ご応募ある作品があったりするわけです。


第1回からのファイルをダウンロードして比較していただくと、作者様の成長具合やどの部分をブラッシュアップしてきたか、というのがわかるようになっています。

一発物のコンテストには無い特徴で、勝手ながら審査員も一緒に作者様と成長しているように感じてる次第です。


また、我々審査員も神様ではないので作者様の意図を勘違いしている箇所もあり、それが審査に影響していることもあると思います。

それも複数回ご応募頂くことにより、こちらも理解が深まり、より正確に審査できるという効果もあったりします。



ここだけの話、どんどんとバージョンアップする作品なので、審査が大変w

もちろんこういう事を想定していなかったわけではありませんが、皆さんの力の入りように審査も想像以上に大変です。


そして、本コンテストのもう一つの特徴が「スゴい」をキーワードに Claris FileMaker を昔は触ってた、Claris FileMaker なんて何それ美味しいの?って人まで様々な人に応募いただき今まで開いたことのない技術的な連携や、そういう使い方ができたか!っていうアイデア。

そう開けたこともない真理のトび…、もといアイデアの扉をいっぱい開けていきたい!が回を追うにつれ開いていくので、繰り返しますが審査が大変w


不具合なんかを探すという事をしてるのではなくて、その応募作品の狙いや良さをしっかりと理解し評価する。

この作業が、どんどんスゴいカスタムAppが応募される度に本当に、本当に、ホントウに大変になっています。

大事なので3回言いました。今、声に出して読みたい日本語No.1です。


そんなこんなで進んできた本コンテストも今月末がいよいよ最終予選。


新型MacBook Proも発表となったので賞品もアップデート。

しれっと書いてますが、賞品の準備も大変でPS5なんかはもうテンバイヤ-に危うく魂を売ろうか、と言う手前まで来たとか来ないとか。


さあ、誰がグランプリを勝ち取るのか?


我々も楽しみで仕方がないのです。

(ホンマ審査が大変やねんて。)


閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示