• ic-inc

[No.19]コロナワクチン予約システム

更新日:2021年9月13日

応募部門:仕事効率化

作品名 :コロナワクチン予約システム

製作者 :ブースカ

作品概要:週1回受付のお手伝いをしているクリニックでコロナワクチンの個別接種が始まったため、院長に頼まれて作りました。拙い箇所がたくさんあると思いますが、プロの方のアドバイスでもっと使いやすいものに育てられればと思います。


コロナワクチン予約システム
.zip
Download ZIP • 873KB

 

カスタムApp概要

ワクチンの個別接種の予約を管理するシステム。

直来受付や、Googleフォームからの申込みを取り込み、予約状況を日単位や週単位で表示 / 印刷して確認する事ができます。 現場のニーズを聞きながら必要なタイミングで見直しながら構築できる、まさにFileMakerの強みですね。


カスタムAppの設計

テーブル/リレーション


「Flag_済」のテーブルとかはどんな使い方をするんだろう?(個人的な興味)


フィールドの表示は自分なりの並び順ルール決めて並べておくのをオススメします。 目的ごとに「===システム===」とか仕切りを入れるのも視認性高くなるので良いですね。

フィールド数が増えてくるとフィールド探す手間が煩わしくなるんですよねぇ...。数カ月後触らなかったもう忘れてますからw今のうちに癖付けておかられると良いかと思います! あとリレーションシップで使う「主キー」などのフィールドは上の方に並べておくとリレーション貼る時にも手間が減るのでオススメです。


細かい事ですが、計算フィールドの計算結果が初期値の「数字」のままになってます。

私もよくやります...あれ何で思い通りに動かない?ってなるとだいたいコレ。 (今回は不具合には繋がってないので評価と関係ないです) 表示上は正しく見えますが、実施に下記のような違いが出ます。

   ( 左→計算結果:数字 | 右→計算結果:テキスト )



スクリプト

とても丁寧にコメントを残されてます、見習います。 (更新履歴の上には「スクリプトの目的」や「作成日」なども記載されてましたが、お名前書かれてたので載せてないだけです)


レイアウト

患者さんの必要な情報を集約しつつ、予約状況が真ん中に配置された分かりやすいレイアウトですね。

細かいですが、配置がガタガタになってるのが気になりました。「整列」や「等間隔」などを使って縦横、高さ/幅を揃えるだけでも見た目の印象が変わります。

カスタマイズが落ち着いてきたら、少し整えてみるとよりスッキリして新鮮な気持ちになりますよ!(当社比)


あとレイアウトによってボタンに使用している色が異なります。どれがボタンでどれがラベルなのか、初めて使用する人にも分かるようにボタンに使う色を決めて、ラベルと違いをつけると良いかと思います。


感想

MENUから使用できる機能が限られていたので実際は分からないですが、現場ではGoogleフォームの問い合わせ情報やメール履歴管理など現場のニーズに対応しながら育てられてるんだろうなぁと思います。


カレンダーなどに転記する必要なく予約状況一覧が見れたり、ステータス管理を一覧で出来るのでお忙しい中で重宝されているでしょうね。(ポータル配置ご苦労様でした...!!)


MENUからの「予約状況一覧」がレイアウト切り替えで表示されるのですが、MENUへの戻り方が分からなかったです。画面サイズも異なりますし、新規ウインドウで開く/閉じるボタンを設置すると初めての人も分かりやすいと思います。


バックアップ機能を実装されてるのも良いですね。Serverでなくローカル運用の場合「バックアップ取って下さいね」と言っても忘れちゃう方多いので、MENUに大きく配置されているのは良いなと思いました。 あ、あと予約確認の印刷物で地図をレイアウトに含めようとされていたかと思います。Googleマップなどは規約違反になってしまうので、OpenStreetMapを使われると良いです。その際には「© OpenStreetMap contributors」のクレジットを明記して下さい。 ▼OpenStreetMapの著作権とライセンス https://www.openstreetmap.org/copyright/ja


審査結果

予選落選


改善ポイント

直来受付は基本、画面を開いたタイミングで自動的に新規作成で良いのでは?と思いました(が私が想像している使い方と違うのかな?)

あと必須項目を分かりやすくレイアウトで表現していますが、必須項目を入力しなくても「予約開始」できてしまうので、本当に必須なのであれば制御を入れると良いですね。


このようなシステムだとオリジナリティの部分が難しいですね。せっかく実際に院長の声を聞きながら作られているのでそのクリニックだからこそのアイデアが加わると他の方たちにも参考になるしカスタムAppとして面白くなると思います!

閲覧数:101回2件のコメント

最新記事

すべて表示