FM-1グランプリのルールについて

更新日:7月11日



ルールについて伝わってない部分もあるので、こちらで再度解説いたします。

FM-1グランプリは、とある大会のように予選と本戦の二本立てになっています。


「予選」とあるのですが、トーナメントで3回勝ち上がらないといけないわけでは有りません

一回でも予選を突破できれば、本戦への参加権利が発生します。

いわゆるあの順位づけの待機部屋をイメージしてもらうといいでしょう。


例えば、


A)1次予選で落選した→2次予選、3次予選にその作品を修正して応募可能。


B)1次予選で突破した→本戦に向けて2次、3次の他の作品を見ながら、予選突破した作品を修正して応募することも可能ですし、そのまま何も手を加えずに本戦の審査に臨んでいただいても結構です。


仮想レビューしてみた!のように全ての作品をレビューすることも本大会の主旨なので、それを参考にブラッシュアップしていただけると運営としても嬉しいですし、豪華賞品が近くなるといっても過言ではないでしょう。


こういったルールなので、いきなり3次予選に申し込むよりは、1次か2次に申し込んでおいた方が有利な展開に持ち込めることは間違いありません。

また、本大会にご賛同いただいたスポンサー様も増えつつありますので、1人でも多くの方に受賞していただきたいですし、FileMaker でこんな事が出来るんだ!という可能性を広げていただきたいと考えております。


さあ、FileMaker初心者のアナタも、経験ある猛者のアナタもご応募お待ちしております!

68回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示