仮想レビューをやってみた!

FM-1グランプリは応募作品全てにレビューを返すのが売りです。

「じゃあどんなレビューしてくれるの?」

というツッコミが聞こえてきましたので、サンプルレビューをします。

このレビュー用にファイルも作りました。


 

応募部門:仕事効率化

作品名:候補日君

作品概要:

候補日をお客さんに伝える時に日付と時間をゼロ詰めして見やすいように整形したり、曜日をいちいち確認して入れるのがめんどくさくて作りました。候補日決定後はGoogleカレンダーにワンクリックで登録できるボタンも付いています。

候補日君.fmp12
.zip
Download ZIP • 849KB



さわり心地


新規候補日をボタンを押すと押した日付を基準にして候補日リストが出てきます。ドロップダウンリストで時間を指定すると下に候補日のテキストが生成されるので、それをコピーボタンを押すことでクリップボードに保存して、メールなりチャットソフトに貼り付ける。

というのがこのカスタムAppの流れだと思います。

右横のGoogleカレンダーボタンをクリックするとGoogleカレンダーの予定作成画面が立ち上があります。





設計

オカレンス

テーブルは1テーブル。シンプル。


フィールド


繰り返しフィールドを上手く使って画面の印象よりはフィールドが少ないです。


スクリプト


スクリプトはGoogleカレンダー作成部分がキモ。

Googleカレンダー登録ボタンですが、正確にはボタンではなく繰り返しフィールドです。OnObjectEnterのスクリプトトリガを使うことで、繰り返しフィールドにカーソルが入った繰り返し位置で日付や時間の値を取得しています。

このテクニックを使わないと、ボタンをいくつも作成しなければいけないので良いテクニックですね。


Googleカレンダーで予定を作成する元となったサイトのURLとリンクイメージがコメントとして残っています。こういうの大事ですね。場所も追加したいとなった時にすぐに参照できます。



気になる点

仕様が分かれば最低限の機能で使いやすいファイルだと思います。ある意味割り切っているのが良いですね。

ただ、ヘルプ画面も用意されてあるのですが、若干UIが解りにくいです。

左のポータルがどういう情報なのか理解するのにレイアウトモードにしてやっと解りました。候補日を伝えるごとにレコードを生成して、その履歴が左のポータルになっているのですね。

ヘルプで「ログ」ではなく「候補日リスト」と書くとわかったかもしれません。


自分で使われれているファイルだと思うので、自分では使いやすいシステムだと思います。ただ、全く知らない他人が使った時に仕様を理解するまでに少し時間がかかりますので、一度他人に使ってもらうとつまづくポイントが分かるかもしれません

UIを整理するだけでもっとよくなると思います。


機能を追加するとしては、、、

用件ごとに候補日を管理できるとかが王道でしょうが、それをやるとiCalなどの本格的なスケジューラーになってくるので恐らくコンセプトと異なると思います。

「サクサク簡単に」という所がウリだと思いますのでURLスキームなどでLINEなどのコミュニケーションアプリの起動用ボタンなどあると良いかもしれません。


終了時間を指定しない場合は時間が1時間固定になっていますが、そういうパラメータを自分で設定できる画面を作ると良いかもしれません。


レビュー結果:予選通過

気になる点はありますが、予選通過です。

このまますぐ使える実用性が良いですね。

更なるブラッシュアップを期待したいです。


閲覧数:118回0件のコメント

最新記事

すべて表示